歯が痛い方

虫歯と歯周病、もっと知りましょう

健歯歯科 HOME > 歯が痛い方

歯が痛い……それは虫歯かもしれません

  • 冷たい飲み物が歯にしみる。
  • 常に歯がズキズキと痛む。
  • 食事していると歯茎に食べ物が挟まる。

こんな症状を感じてはいませんか? 思い当たる方は、虫歯になっている可能性があります。虫歯は進行すると自然治癒することはない病気です。そのまま放置していたら悪化するばかり……。さらに痛くならないうちに、そして歯を失ってしまわないよう、お早めに歯科医院で処置を行いましょう。

虫歯はこうして進行する

C0(脱灰)
C0(脱灰)
症状 歯の表面のエナメル質が虫歯菌によって溶かされ始めた状態です。痛みはまったくありません。歯の表面が白っぽく見えることがあります。
治療法 正しいブラッシングやフッ素塗布などによって「再石灰化」を促し、元通りに治療することが可能です。
C1(エナメル質の虫歯)
C1(エナメル質の虫歯)
症状 歯の表面のエナメル質が虫歯で溶かされてしまった状態です。C0と同じく痛みはありませんが、ここまで進行すると再石灰化させることはできません。虫歯がある場所は色が少し黒っぽくなります。
治療法 虫歯に冒されたエナメル質を削り、その部分に詰め物を詰めて治療します。
C2(象牙質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯)
症状 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯に溶かされた状態です。冷たい物や甘い物を摂るとしみるようになります。また、虫歯による穴がわかりやすくなります。
治療法 虫歯が進行した部分まで削り取り、削った部分に合わせた詰め物を詰めて治療します。
C3(歯髄まで達した虫歯)
C3(歯髄まで達した虫歯)
症状 歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。常に激しい痛みがあり、日常生活にまで悪影響が出てきます。虫歯による穴がはっきりわかる大きさになります。
治療法 虫歯に冒されてしまった歯髄を取り除き、歯の中を清掃してから被せ物をします。
C4(歯根まで達した虫歯)
C4(歯根まで達した虫歯)
症状 歯根まで虫歯が達した状態です。神経が死んでしまうため痛みはありませんが、歯根が化膿し、顎の骨にまで菌が進行する可能性があります。
治療法 できる限り抜歯せずに治療しますが、抜歯せざるを得ない場合はインプラントや入れ歯、ブリッジなどで治療します。

もう虫歯になりたくない!

もう虫歯になりたくない!

虫歯になって嬉しい方は誰もいません。治療を行った方のほとんどは「もう二度と虫歯にはなりたくない!」と思っているものです。ブラッシングに関しても「これからは毎日しよう」と思っている方が大部分でしょう。ところが、実際は虫歯が再発してしまう患者さんが後を絶ちません。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」というように、一度治ってしまうと予防に対する思いも日が経つにつれ少しずつ薄れていってしまいます。そして、結局また虫歯になって後悔することになってしまうのです……。

そんな悪循環を防ぐためには、普段から丁寧にケアを行うことが重要です。虫歯になってしまったことを教訓にして、予防に対する高い意識を持ちましょう!
歯の病気にならないために

恐ろしい歯周病

  • 歯茎が腫れて変色している……。
  • 歯磨きをすると歯茎から血が出る……。

こんな症状に悩んでいる方はいませんか? こんな症状があるなら、歯周病にかかっているかもしれません。歯周病は歯茎の腫れを引き起こすだけでなく、進行すると顎の骨を溶かして歯を失う原因となる恐ろしい病気です。

歯茎の異変に気づいた方は、まずは一度ご相談ください。当院にて適切な処置方法をご紹介し、治療します。

ペリオウェーブ

ペリオウェーブ

ペリオウェーブは、薬を使わない「光」による殺菌システムです。歯周ポケットに特殊な光を当てることで、歯周病菌を直接殺菌します。痛みがなく、歯ぐきを腫れさせるリスクもありません。