歯の病気にならないために

痛くなる前に歯を守る予防歯科のススメ

健歯歯科 HOME > 歯の病気にならないために

歯が痛くなる前に必要なこと

歯が痛くなる前に必要なこと

虫歯や歯周病は、気付かないうちに少しずつ進行して歯や歯茎を蝕んでいきます。その症状に気付いて歯科医院で治療を受け、歯を削って治し、そのまま放置してまた再発してしまう――。こんな状況に陥ってしまう方は決して珍しくはありません。

そんなことが続けば歯科医院に対してマイナスイメージばかりがついてしまい、治療に行くことが面倒になってしまいます。当然、再発する度に歯を削っていたら、歯の寿命も短くなってしまうでしょう。

痛い思いをすることなく、いつまでも健康な歯を保つためには、歯が痛くなる前に歯科医院でケアする習慣をつけることが重要です。歯の健康に本当に必要なのは、「治療」ではなく「予防」だということを認識しましょう。

定期検診を受けましょう

虫歯や歯周病が治れば治療は終了……ではありません。本当に大切なのは、そこから健康な状態を保つことです。そのために効果的なのが、歯科医院で定期検診を受けること。痛みがなくても定期的に通うことで、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を維持できます。当院で行っている予防処置は以下の通りです。

ブラッシング指導

術前

術後

歯の形や歯並びは個人差が大きいものです。そのため、ご自宅でのブラッシングも、歯の形や歯並びに合わせなければ効果は望めません。毎日しっかりブラッシングしているつもりでも虫歯や歯周病にかかるのは、そんな理由があるのです。

当院では、ホームケアをより効果的に行うために、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っています。正しいブラッシングと定期検診を組み合わせて、いつまでも健康な歯を維持しましょう。

フッ素塗布

歯のエナメル質を強化し、溶けにくい「フルオロアパタイト」に変える効果を持ったフッ素を塗布する治療法です。これによって歯が虫歯菌に溶かされにくくなる上に、初期の虫歯であれば再石灰化を促すことができます。

PMTC

PMTC

専用機器を使用して徹底的に行う歯のクリーニングのことを指します。ホームケアでは届かない箇所に溜まったプラークや歯石を完全に除去します。

プラークや歯石が完全に除去されれば、虫歯や歯周病の原因そのものがなくなるため、より効果的な虫歯・歯周病予防になります。